2014/09/27

モモタロ ありがとうございました

神木優ソロアクト「モモタロ」~桃太郎23区縦横断公演
17区目の板橋区公演、無事終了しました。

お越し下さった皆様、お気にかけていて下さった皆様、
どうもありがとうございました。

ダンス、漫才など、多彩なゲストと共に
たくさんの桃太郎を表現している俳優の神木さんが、
今回は声優・井上恵亮さんとイラストレーターである私を呼んで下さり
紙芝居でコラボしました!

アニメの名台詞をお客さんに選んでもらっての声優・俳優による即興モモタロウ、
声優・井上さんのモモタロウぬいぐるみ漫談、
俳優・神木さんの博士のモモタロウ研究発表
と桃太郎三昧。
それぞれが見応えのある楽しい物に仕上がっていました。

さて。紙芝居ですが、お話自体は
菊池寛原作の、皆が知っているお手本のようなモモタロウ。
文章はいじれないので
絵でどう切り崩して行くかという事を考えて、
真面目にふざけたモモタロウを作っていきました。

当日出発直前までかかって何とか完成させ持って行ったところ、
全キャラクターの声を演じ分ける井上さんが
全員にい〜い感じの声を当てて下さいまして、
神木さんの冷静なナレーションのとの対比がまた面白く、
爆笑のうちに終了!
私もただのお客として楽しんでしまいました。
素晴らしい作品に仕上げて下さったお二人に感謝!!


右手前に流れているのはおじいさんのフンドシ
裏設定でおじいさんにはモモのあざがあるのです
桃から出た後も「桃成分」を持続したかったので桃なモモタロウに
ちょいちょい裏設定や隠れ設定をくっつけてまして、
桃から出る時のモモタロウは乗り物酔いして顔真っ青だとか、
おじいさんのモモのアザから続く
物語ラストのさらに後のシーンなどを
ご挨拶の時にお話させていただきましたが、
それはここでは書きませんので
当日あの場にいたお客様に聞いて下さいね。

いずれどこかで再演される機会がありましたら
謎が解けることがあるかもしれません。

神木優さんの次回のモモタロ公演は
10月13日(月祝)目黒区。
切り絵作家・虹囲ななさんとのコラボ。

もうあといくつかの区を回って、
12月14日(日)の、ゴールの港区
東京タワー公演はこちらで予約受付中です。

井上恵亮さんは11月19〜24日に日暮里で
劇団 夢神楽での公演が行われます。


以下はモモタロウのキャラクターデザインラフの一部を紹介。
最初はわりと普通に人間だったのに…

メカモモタロウや桃缶太郎やら考えているうちにこうなってしまい…

方向修正してこれでも良かったんだけど…
結局こうなっちゃいました。